2005年06月05日

自然観察センターの谷津干潟の日(1)

習志野市秋津5丁目秋津公園自然観察センターで、谷津干潟の日のイベントがおこなわた.
20050604-習志野市秋津5・谷津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1156-DSC0258720050604-習志野市秋津5・谷津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1156-DSC02586







20050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1149-DSC0257220050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1150-DSC02578







20050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1149-DSC0257320050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1158-DSC02593







20050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1150-DSC0257720050604-習志野市秋津5・秋津公園・自然観察センター・谷津干潟の日-1150-DSC02575







トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 東京湾に残された「自然の宝庫」にも危惧すべき変化 盤洲干潟の観察会  [ シビックアクション千葉 ]   2005年06月14日 16:26
梅雨の中休みとなった6月12日、シビックアクション千葉は、会員の一人で自然観察指導員の資格をもつ宋石林さんの案内で、盤洲干潟の観察会を行いました。盤洲干潟は木更津市の北側に位置する、小櫃(おびつ)川河口に円弧状に発達した東京湾唯一の自然干潟です。 1,400haの広大な干潟中心部の小櫃川河口部は、後浜・前浜とそろった東京湾の干潟の原風景を残しています。宋さんは春からほぼ毎週この干潟を訪れて、近くに建設されたホテルから出る温廃水が、干潟砂浜の最前線に群生するシオクグ(カヤツリグサ科)の生育にどのような影響を与えているか調査しています。 観察に適した干潮時である11時に現地に集合した参加者は、クリーク(水路)に沿って干潟に向かいました。まず目にとびこんできたのは、砂質の干潟の上を動き回る蟹の大群です。穴から頭をのぞかせ、まるでダンスでも踊っているようにハサミを開閉するチゴガニ。その回りでチゴガニよりひとまわりも大きいアシハラガニが縦横無尽に走り回っています。こうした光景をはじめてみた参加者から「ワーッ」と歓声があがりました。 蟹を踏まないように注意しながら進むと、調査しているシオクグが群生する地点に到着しました。「シオクグは昔は乾燥して漁網の材料にしていました。ここのシオクグは先端が枯れていて、途中にあったもの比べて成長も悪い。花をつけた形跡もない。その原因を独自に調べている最中です」と説明する宋さんは、地中に温度計を指してデータを採取します。 そのまわりには千葉県がレッドデータに指定しているハママツナが見られました。遠浅の干潟を沖の方に歩きながら、今度は貝類を観察します。小さなホソウミニナを至るところで見ることができました。サキグロタマツメタガイを手にした宋さんが、「この貝は外来種でアサリの天敵です。最近増え過ぎて困っていると聞きます」と説明。 最後にアイアシやヨシが背丈まで伸びた道を抜けると、カワウが数百羽も繁殖している場所に到着し、また参加者から歓声があがります。 「この場所は新日鉄の浸透実験池の跡地で、浜離宮を追われたカワウが住み着いたと聞いています」と宋さん。「ヒッチコックの映画みたいだな〜」という参加者の感想のように、一見恐いほどの数だが、これだけを養う豊かな自然が盤洲干潟にはあることを実感させる光景でもありました。 参加者は、高速道路や臨海工場地帯など開発が進む東京湾に残された、豊かな生態系の宝庫を守ることを確認しあって観察会を終えました。 シビックアクション千葉では、今後も盤洲干潟の観察会を開催していきますので、参加ご希望の方は電話・メールでご連絡下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
重要な連絡
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットも3年目となりましたが、情報量が大きくなりパフォーマンスも悪くなっていましたので、2006年の新年を迎え東京ベイ船橋ビビット2006 として新たにサイトを上げました.
ic_sun.gif古い東京ベイ船橋ビビットはそのまま残りますが、新たらしいサイトのショートカットなどの設定をお願いします.
お知らせ
ic_sun.gif動画が見れない方はコチラを参照してください.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは携帯電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは RSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif日本語English
訪問者数

最新コメント
Profile