2005年06月26日

スターウォーズがららぽーとTOHOシネマズで上演(1)

2005年6月26日(土)より、スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐が、ららぽーとTOHOシネマズで上演が始まった.
スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐・StarWarsCard_z1スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐・StarWarsCard_z3






スターウォーズシリーズは、未発表分も含めると9部構成になるが、今回は6作目となる.監督・脚本のジョージルーカスは、エピソード7以降については、映画作品を製作しないことを表明しているので、今回で最終作となる予定で、エピソード7・8・9については小説として発表する.
スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐・StarWarsCard_z4スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐・StarWarsCard_z2






<今までのスターウォーズ>
・1977年製作:スターウォーズ・エピソード4・新たなる希望
・1980年製作:スターウォーズ・エピソード5・帝国の逆襲
・1983年製作:スターウォーズ・エピソード6・ジェダイの復讐
・1999年製作:スターウォーズ・エピソード1・ファントム・メナス
・2002年製作:スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
・2005年製作:スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐
20050626-スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐・チケット-0004-DSC0013720050615-スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐-1124-DSC00802











今回の、スターウォーズ・エピソード3・シスの復讐で、バラバラだったストーリーのすべての関係がつながる.ダースベイダーはどうして生まれたのか.生き残ったジェダイの2人が、ひどい環境の惑星で生活するようになったのはなぜか.アナキンの子供たちである、ルークスカイウォーカーレイアオーガナがどうやって生まれて、引き離されたのか.…なぞをしりたければ、映画館に行って欲しい.20:00 からのレイトショーなら 1200円だ.

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. STAR WARS EPISODE3 -REVENGE OF THE SITH-(スター・ウォーズ エピソード〓 シスの復讐)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2005年06月27日 08:57
昨日、レイトショーで観てきたぞ〜!先々行上映!! EPISODEシリーズ3作の中で最高じゃないでしょうか。 公開前なのでネタバレはやめておきますが、「アナキン・スカイウォーカー」が「ダース・ベーダー」なったのやあの鎧(マスク)とかがわかりましたですです。

この記事へのコメント

1. Posted by こおり   2005年06月26日 11:07
>・1977年製作:スターウォーズ・エピソード4・新たなる希望

最初の3作は確かにそういう位置づけでビデオ化されたとき以降から
付きますが、エピソード4とか言われると何か興ざめです。
やっぱ「初作」は「スター・ウォーズ」じゃないと。^^;)
「ジェダイの復讐」はあとで原題に近い「ジェダイの帰還」が使われるようになったようですね。当時の配給側は、将来「復讐」が使われるとは思わずに勝手に先走ったようで。(笑)
2. Posted by pookey   2005年06月27日 19:27
わたくしも、
25日の先行ららぽーとで観ました!
ラストシーンは泣けますよね。。。
隣の女性(一人で来てた!)もグシャグシャ顔で泣いてましたよ。(^^;)>
同じ年代の人はグッときますねぇ。。

実は先に5月に韓国で観てきたのですが、、、
いまいち英語のヒアリングが乏しく(笑)、
大事なセリフを聞き逃していました。
(字幕のハングルはもっとわからん。。。)

エピソード4と6をDVDで観てから行くと、
すごく理解出来て、「うん、うん、」頷けますよ(笑)
おすすめです!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
重要な連絡
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットも3年目となりましたが、情報量が大きくなりパフォーマンスも悪くなっていましたので、2006年の新年を迎え東京ベイ船橋ビビット2006 として新たにサイトを上げました.
ic_sun.gif古い東京ベイ船橋ビビットはそのまま残りますが、新たらしいサイトのショートカットなどの設定をお願いします.
お知らせ
ic_sun.gif動画が見れない方はコチラを参照してください.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは携帯電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは RSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif日本語English
訪問者数

最新コメント
Profile