2005年09月29日

10月31日はハロウィン(2)2

ハロウィンといえばおばけカボチャだが、実はカブだった.
20050923-ハロウィン・イトーヨーカドー-1351-DSCF268120050923-ハロウィン・イトーヨーカドー-1352-DSCF2682







20050923-ハロウィン・イトーヨーカドー-1352-DSCF2683







ヨーロッパのアイルランドにジャックという男がいた.
ジャックはケチで乱暴者でお酒が好きでいつも飲んだくれていた.
そして 人をだましてばかりいた.
あるハロウィーンの夜のこと、ジャックはいつものように酒場で酔っぱらっていると、地獄からやってきた悪魔に出会った.
お前の魂をとってやる.
わかった.わしの魂をあげよう.
でもその前に酒を一杯ご馳走してくれ.
一杯くらいいいかと悪魔は思って、その一杯のお酒を買うお金に変身した.
すると、ジャックはお金に変身した悪魔をすばやく自分の財布の中に入れた.
出してくれ.
出して欲しければ 取引をしよう.
これから10年間は魂をとらないと約束すれば財布から出してあげよう.
 ………
そして10年の月日が経った.ハロウィンの夜に、またあの悪魔と出会った.
今度こそお前の魂をもらうぞ.
わかった.わしの魂をあげよう.
でもその前にあの木になっているリンゴを一つとってくれないか?
リンゴくらいとってやってもいいかと思って悪魔は木に登った.
ジャックはすばやく木の幹に十字架を刻んだ.
降ろしてくれ!頼むから降ろしてくれ.
降ろして欲しければ取引をしよう.
わかった、魂は絶対にとらない.
ジャックは、悪魔を木から降ろした.
 ………
何年か経ち、ジャックは年をとって死んでしまったが、天国には行けなかった.
仕方なく地獄の門をたたいたジャックはそこにあの悪魔がいた.
地獄へ入れてくれ.
お前の魂はとれない.約束したからな.
だったらどこへ行けばいいんだ?
元いた所へ戻るんだ.
わしに明かりをくれ.暗くて道がよく見えない.
では、火の塊をあげよう.
ジャックはその火の塊をカブの中に入れてちょうちんを作った.
そしてそのちょうちんを持ってこの世とあの世をさまようようになった.
 ………
いつしか、ジャックの持つちょうちんが死んだ人々の魂のシンボルとなり、話がアメリカに伝わるとカブカボチャになり、採れたのでカボチャちょうちんを作るようになったのがハロウィンのおばけカボチャなのだ.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
重要な連絡
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットも3年目となりましたが、情報量が大きくなりパフォーマンスも悪くなっていましたので、2006年の新年を迎え東京ベイ船橋ビビット2006 として新たにサイトを上げました.
ic_sun.gif古い東京ベイ船橋ビビットはそのまま残りますが、新たらしいサイトのショートカットなどの設定をお願いします.
お知らせ
ic_sun.gif動画が見れない方はコチラを参照してください.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは携帯電話から参照可能.
ic_sun.gif東京ベイ船橋ビビットは RSS リーダーで参照可.
ic_sun.gif日本語English
訪問者数

最新コメント
Profile

vivit